仕事疲れによる左半身痛・右足首痛が改善 大阪市 Uさん 30代 女性

<経緯>

仕事の疲労で、左半身(左腰・左上肢・左下肢)に痛みやだるさがあり、歩行の際も足が上がりづらいとのこと。

また、最近、右足首の背屈動作で痛みが出る。

 

<検査>

左腰は圧痛・自発痛があり、全方位での動きで痛みが増す。

左肩~腕にかけ重だるい痛みがあり、肩にはコリと圧痛。

左下肢は胃経ラインに症状がある。

臓腑として、腎・胃・胸腺・肺・大腸に反応。

 

<処置>

頭への鍼(臓腑の共鳴点)

 

<効果>

伏臥位で寝た状態で臓腑に共鳴する頭の反応点に鍼をしたところ、仰臥位に姿勢を変える時点で、

「すでに、ものすごく変わりました。肩が全然軽いです!」

と驚かれる。

 

さらに、足首の動きに合わせて頭へ鍼を施すなどし、立位になってもらうと、腕・足の痛みはゼロになっている。

 

左肩にわずかに残る圧痛も、頭への鍼で消失。

 

左腰の少し残る圧痛も同じく頭への鍼で無くなる。

 

全方位の可動も側屈に少し張りがある程度で、それも頭の反応点に気を送るとゼロになる。

 

その場で全ての症状がなくなり、「軽くなりました~」と喜んで帰宅された。

 

 

<解説>

左半身に偏った症状(腰痛・手足の痛みだるさ)であっても、臓腑の調整を頭の鍼で行うことで、ゼロになりました。

 

局所的な刺激がなくとも、根本原因をとらえ癒せば、各部位に気血が巡り、局部の症状もなくなるのです。

 

たとえこの患者さんが日常で負担を抱え、再び痛みが生じたとしても、体の状態を見極め適切に処置をすることで、痛みをその場で取り去ることが可能です。

 

どれほどしつこい症状であっても、繰り返し施術を行えば、体質は次第に改善していきます。

 

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9