仕事中、足の痛みとしびれで動けなくなる脊柱管狭窄症が改善 大阪市 Hさん 50代 男性

<経緯>

二ヶ月前から、仕事で立ち続けていると右足に痛みと痺れが次第に生じるようになった。

一週間前からかなり状態はひどくなり、立仕事しているとすぐに痛みで動けなくなるほどに悪化。

当初は5~10分座って休めばどうにか軽減していた痛みが、1時間くらいかかるようになる。

 

たまたま、職場の取引先の方で、竹本の施術により脊柱管狭窄症の痛みがなくなった患者さんがいて、

「自分も同じような状態で、足を引きずって来院したが、頭の鍼でよくなったよ」

と、当院への来院をすすめられる。

 

仕事場は、足元が大変寒く、夜中から朝まで立ち続ける仕事のため、ずっと立ったり歩いたりしていると右足の痛みと痺れが強く出てきて歩けなくなる状態。

 

 

<検査>

SLRテスト(-)、腰の可動(-)、左側屈でやや大腿外側に張りがある。

腎(特に右)のマイナスが顕著。胃・小腸・肝臓にもマイナス反応。

 

 

<処置>

頭(臓腑の共鳴点)に鍼

エネルギー療法

 

 

<効果>

初回の治療の後、再来院され、

「今日、仕事中立ち続けても痛みが全くでなかった」

とのこと。

下肢の痛みと痺れはないが、常に足底の痺れは感じている状態。(この痺れは最後にとれていく)

 

その後、定期的に施術を行い、一ヶ月たつが、

「治療を受けて以来、きつい痛みは一度も起きていない」

「前は痛み止めをのんでも痛かったのに、今は薬なしでも痛くない」

「たまに仕事が忙しいと終わり際に足の運びが重くなる程度」

と、経過は順調。

 

周囲の人にも、

「本当に歩き方が変わった。よくなった」

と、声を掛けられるとのこと。

 

さらには、以前は走ることができなかったが、無意識のうちに走れるようになっており、後から周囲の人に、

「走れてたよ」

と、笑われたそう。

 

 

<解説>

疲労の蓄積により筋緊張が募り、その内圧によって脊柱管狭窄症の痛みを発していたが、臓腑の調整を行い、気血を促すことで、体のバランスが戻り、仕事をしていても痛みは出なくなった。

 

入浴をしっかりと行ってもらうよう指導を行ったことも重要な点である。

 

今後も施術を行い、状態をより安定させるとともに、足底の痺れもなくしていき、完治できるようしていく予定。

 

どれほどしつこい症状であっても、日常生活を見直し、繰り返し施術を行えば、体質は次第に改善していきます。

 

脊柱管狭窄症について詳しくはこちら

脊柱管狭窄症

この記事に関する関連記事

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9