両足全体の痛みが改善 大阪市 Oさん 70代 女性

<経緯>

両側の大腿~下腿全体に痛みがあり、とくに歩くとふくらはぎが張って、こむら返りになりやすい。

多くのクスリを飲んでおり、臓腑がだいぶ弱っており、筋緊張や血流の悪さが痛みを生じさせている。

 

 

<検査>

臓腑として、腎・胃・肺に反応。

 

 

<処置>

頭への鍼(臓腑の共鳴点)

 

 

<効果>

施術後、立ってもらうと、症状はその場で消失し、

「ふくらはぎが柔らかくなった」

「歩いても痛みがない。すごくラク!軽い」

と、喜びの声を上げられ、足取り軽く帰宅された。

 

翌日、念のためメンテナンスで来院してもらったところ、

「足の先まで冷えていたのが温かくなった」

「ふくらはぎが痛くない」

「歩くのがすごくラクで軽い」

と、感想をおっしゃり、「しいて言うならやや大腿前のだるさがある」ということなので、頭への鍼を施したところ、その場でだるさは消失し、

「不思議なくらい軽くなった」

と、驚かれておられた。

 

 

<解説>

日常生活やクスリの多用により臓腑の働きが乱れ、気血の巡りが悪くなって痛みが生じていましたが、頭への鍼をするだけで症状がスッキリとなくなり、軽快になられた症例です。

 

たとえこの患者さんが日常で負担を抱え、再び痛みが生じたとしても、体の状態を見極め適切に処置をすることで、痛みをその場で取り去ることが可能です。

 

どれほどしつこい症状であっても、繰り返し施術を行えば、体質は次第に改善していきます。

 

 

太ももの痛みについて詳しくはこちら

太ももの痛み

この記事に関する関連記事

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9