座り続けているとお尻が痛くなってくる人は、坐骨神経痛かもしれない?

坐骨神経痛

「座っているとお尻が痛くなってくる」

「お尻から足にかけて痛みとしびれが出るようになった」

 

こんなお悩みを抱えて病院に行くと、あなたは「坐骨神経痛ですね」と診断されるかもしれません。

 

西洋医学が説明する坐骨神経痛とは?

西洋医学から見た坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称を指します。

脊髄から枝のように全身に伸びている末梢神経の中でも最も太く長いのが坐骨神経であり、お尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっています。

腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変性側弯症などで痛みが生じるケースがあるとされ、「梨状筋症候群」と呼ばれる、骨盤内の梨状筋という筋肉によって坐骨神経が圧迫されて痛みが生じる事もあります。

さらに、閉塞性動脈硬化症・閉塞性血栓血管炎・骨盤内腫瘍・脊髄腫瘍などでも発症する可能性があります。

 

症状の出方としては、

 

・座っている時に痛みが増強し、歩くと楽になる

・逆に、歩くことで痛みが増強することもある

・さらには、運動とは関係なく、お尻からふくらはぎにかけての痛みが生じることもある

 

・・・と、様々なパターンがあります。

 

これに対する西洋医学の処置は、消炎鎮痛剤、筋弛緩薬、血管拡張剤、装具、温熱療法、神経ブロック療法、手術などになります。

 

逍遥堂が考える坐骨神経痛の本当の原因とは?

実際のところ、病院での処置だけではなかなか痛みが改善しないケースが多いようで、当院にも「病院に通い続けたが一向に改善しなかった」という坐骨神経痛の患者様が多く来られます。

 

では、なぜ西洋医学的処置では、なかなか坐骨神経痛が改善しないのかを考えてみたいと思います。

 

実は、東洋医学の視点から見ると、坐骨神経痛の本当の原因は別なところにあるケースが圧倒的に多いのです。

 

確かに、筋緊張が神経圧迫を起こし痛みが生じているのは間違いないのですが、そもそも、お尻の筋緊張を起こす要因は何なのでしょうか。

 

その答えは、「内臓の働きの低下」であるケースが大変多いです。

 

特に、胃の働きが低下している人に、坐骨神経痛症状が起こることが多く見受けられます。

実際、胃に問題がある方は、臀部の小野寺臀部圧痛点と呼ばれる反応点が出やすいことは医学的にも知られています。

 

順を追って説明しますと、

 

①ストレス・飲食の乱れ・疲労などにより胃の働きが低下すると、位置が下がってしまう

②内臓が下がると、深部にある大腰筋などに負荷がかかり、アンバランスな状態が生じる

③その結果、負荷のしわ寄せがお尻の筋肉に波及し、神経圧迫を起こす

 

と、いうような流れになります。

 

そのため、お尻の痛み、坐骨神経痛が生じやすい方は、日常生活の見直しを並行して行うと、治りも早く、よい状態を維持しやすくなるという事です。

飲食の乱れ、甘いものや冷たいものの取りすぎ、睡眠不足や仕事による疲労、ストレス・・・などは、胃の働きを損なうので、注意しましょう。

 

ただ、それだけでは、重度の坐骨神経痛はなかなか改善しないケースもあります。

そういった方は、改善実績のある専門家のサポートを受けられることをお勧めします。

 

当院では、内臓や筋緊張と密接な関係にある自律神経へアプローチすることで、坐骨神経の痛みを改善していきます。

的確なアプローチをすることで、通常なら長期間痛みが続く坐骨神経痛でも、当院の施術を受けることで短期間で改善した方も多くいらっしゃいます。

 

お悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

【症例】坐骨神経痛(右臀部~下肢の痛み)・首痛・めまい  (大阪府 Mさん 50代 女性) 

 

<経緯>

以前に坐骨神経痛を生じた際、その場で痛みを取り去った事があり、以来、時々メンテナンスをされておられます。

しばらく痛みもなく順調に過ごされていましたが、今回、数か月ぶりに臀部~下肢の痛みが生じたため来院されました。

一週間前ほどから痛みが出て来たそうで、同時に首肩の引きつり痛やめまい様の症状もありました。

 

<検査>

元々、胃腸の状態を損ねやすく、背景には甘いものやおかきの摂り過ぎ、食べ過ぎ、精神的な緊張、季節(春)、クスリ副作用などの影響があると考えられます。

以前にも甘いものなどへの養生指導をしていましたが、ついつい手が出てしまうようで、結果、これら要因が募ったため、胃腸に関連する臀部や首肩に影響が及んだものと思われます。

調べるとやはり胃腸・肺・胸腺らに反応が顕著でした。

 

<処置>

「百会」(臓腑に関連する共鳴点)、「左後渓」

まずは、立位のまま、臀部や下肢に痛みの出る動きを確認し、ある方法を用いて軸の調整を行うことで、臀部から下肢の痛みが数分で大幅軽減しました。

さらに、首の痛い動きを確認し、臓腑に関連する頭の共鳴点に鍼、さらにストレス・腸と関連する「後渓」に鍼をしたところ、首肩の痛みはその場でなくなりました

この時点で、当初あっためまい様の症状も消えています。

最後に、再び立位の状態で、臀部・下肢のわずかに残る違和感を取り切り、すべての痛みを消失させました。

 

<解説>

臀部・下肢の痛み、首肩の痛み、めまい様の症状をその場で全てゼロにした症例です。

症状は各部位別々に現われているように見えますが、問題の根幹は同じであり、その根幹を癒すことで枝葉の症状が次々と無くなっていくのです。

症状の背景には、日常の食生活や気持ちの問題などが隠れており、そのあたりの養生指導を行うことが再発防止へのカギとなります。

たとえこの患者さんが日常で負担を抱え、再び痛みが生じたとしても、体の状態を見極め適切に処置をすることで、痛みをその場で取り去ることが可能です。

どれほどしつこい症状であっても、繰り返し施術を行えば、体質は次第に改善していきます。

 

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

この記事に関する関連記事

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9