痛くてびっこを引くふくらはぎ痛が早期改善 大阪市 Tさん 60代 女性

<経緯>

 

夜寝ていて突如左ふくらはぎがつり、強い痛みが生じる。

翌朝、左ふくらはぎの激痛で、びっこを引いて歩く状態に。

 

 

<検査>

左ふくらはぎの筋緊張、圧痛。

肉離れ的な痛め方の様子。

肉離れのように縦に圧痛箇所が走っており、筋が裂けている可能性もあるが、おそらくは繊維がほつれた状態。

無理をすると筋繊維が裂けてしまう可能性がある。

 

 

<処置>

エネルギー療法を行うが、血流が流れても痛みが残ることから、物理的・器質的な問題が生じている様子。

肉離れを想定し、やさしく触れる整体手技を施す。

 

 

<効果>

1回目の施術後、痛みは軽減し、歩行も楽にいけるようになる

しかし、動いたことで痛みが再び生じてきてしまう。

特に、固まっている起床時が一番痛みが強い。

 

2日後、2回目の施術では、肉離れ処置を念入りに行う。

丹念に筋緊張を取り、傷口をくっつけ、動いてもらうと、痛みはほとんどなくなる。

帰り道も痛みなく歩けた。

朝方、こむら返りが起こりそうになるも大丈夫。

起きた時は少しふくらはぎに痛みを感じるが、すぐになくなる。

 

さらに3日後の3回目、痛みはほぼなくなり、動きも問題なく行ける。

最後に念入りにメンテナンスをして終える。

日常の痛みもなく、こむら返りもおきない。

 

週末にゴルフにいくが、無事に痛み無く回れたという報告をいただく。

 

肉離れについて詳しくはこちら

肉離れ

この記事に関する関連記事

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9