新型コロナについての当院の考え

新型コロナウイルスについて

 

※当院では、清潔感を保つために、従来からの常識的な部屋の換気や清掃を行っていますが、世間的に行われている過剰な感染予防対策は行っておりません。

新型コロナウイルス騒ぎ自体が、大変な虚構によって煽られていると考えているからです。

(PCR検査は偽陽性だらけ、PCR陽性=感染者ではない、無症状感染の虚構、厚労省から「他の死因でもPCR陽性反応があれば新型コロナ感染死とカウントせよ」と病院へ通達が出ている、「検査なしでも医者の判断だけで新型コロナ感染と診断できる」みなし陽性の横行・・・など)

 

つまり、世間で言われているような脅威はなく、せいぜい例年のインフルエンザと同等かそれ以下のリスクしかないという事です。

新型コロナウイルスは「弱毒型」であり、仮に罹ってもほとんどの方は寝ていれば自然に治癒します。

これは厚労省の統計データを精査すれば明らかになりますし、世界の見識ある医師や専門家たちも言及しています。(メディアで「コロナ後遺症」の怖さを煽り、コロナワクチンを打たそうとする動きがありますが、コロナ後遺症の実態はコロナワクチンや治療薬由来の「医原病」だらけなのです。後述します。)

 

※「新型コロナワクチン有効率の嘘」「無症状感染の虚構」についての解説は以下を参照。

 

●参照記事:「国内の医師ら450人が新型コロナワクチン接種中止の嘆願書を厚労省に提出」

 

●参照動画:「国内の医師ら450人が新型コロナワクチン接種中止の嘆願書を厚労省へ提出」後の記者会見

 

●参照動画:「コロナ禍のウソ・遺伝子ワクチンの危険性 高橋徳(クリニック徳院長・ウイスコンシン医科大学名誉教授)」

高橋徳先生がPCR検査の問題点や遺伝子ワクチンの危険性について説明。

 

それゆえ、当院ではマスク・消毒を患者様に要求することはありません

 

新型コロナウイルス騒ぎ自体が大いなる虚構の上で生じているからですが、仮にウイルス対策を講じるとしても過剰なマスク着用や消毒に意味はありません。

 

メディアを含めて世間では誤解している方も多いようですが、そもそもマスクでウイルスは防げません

マスクのフィルターの大きさよりウイルスは遥かに小さいからです。

だから感染予防として意味はありません。

むしろ、呼吸が抑制されるため免疫が低下しやすくなり、マスクを着け続けることで湿気がこもり菌が繁殖しやすくなります。(より感染症に罹り易くなるリスクを上げている。)

 

過剰な消毒も意味はありません。

そんなものでウイルス感染は防げない上に、耐性菌の問題および体の抵抗力が落ちたりするので、かえって逆効果です。

イソジンのうがいも同様です。

(せいぜい、マスクや消毒をしていると何となく安心とか、そんな自己満足レベルであり、感染予防対策としては無意味。)

 

マスク着用が役割を果たすのは、「実際に咳やくしゃみといった症状がある人」に限って、飛沫が飛ぶのを一定割合で防げることくらいでしょう。もちろん、ウイルスはマスクを通過しますが。感染の主な経路はエアロゾルです。

(あとは仕事などで、「相手の顔などに息がかからないようするために使用する」など。)

 

症状のない人にとってはマスク着用は意味がありません。

 

ゆえに、過剰な感染予防対策は必要ないし、長時間のマスクや消毒のしすぎはかえって免疫を阻害し、呼吸を制限し、健康を害すと考えます。

 

一応、不安な方はマスクをしていただいたり、手指の消毒をしていただいて構いませんが、当院の方からマスクや消毒を強要することはいたしません。

 

※施術する側として、顔に息がかかるのを防ぐ目的で、以前からマスクを着用しています。

特にマスクが必要な場面でなく、患者様のご理解があるようでしたら、マスクを外して対応させていただきます。

 

【重要】新型コロナワクチンについて

 

さらに、新型コロナワクチン接種は有害無益であると考えています。

感染予防効果・重症化防止効果はなく、有害なだけ。

メリットは皆無で、デメリットだけが物凄くあるのが新型コロナワクチンの実態で、統計データや被害事例を見てもそれは明らかです。

 

新型コロナワクチン接種を盛んに行った地域ほど、感染者・重症者・死亡者数が増えているのが実態。

つまり、ワクチンに効果がないばかりか、ワクチンが健康被害の原因になっているということ。

(ワクチン接種を国民の多くに推し進めたイスラエルは3回目ブースター接種後に感染者・重症者・死亡者が激増したが、逆にワクチン接種が進まなかったルーマニアの感染者はほぼ横ばいで増えていない。)

 

●参照記事:「新型コロナワクチン接種者が増えるほど感染者・死亡者が増えている現実を知ろう」

●参照記事:「子供たちが次々に新型コロナワクチン接種で死亡・重篤被害に!」

 

 

それゆえ、私自身はもちろん打ちませんし、こちらから勧める事もいたしません。

ワクチンなど打つ必要もないし、ワクチンを打つ方がはるかにリスクを高めるだけだと思っています。

リスクは接種直後に留まらず、遺伝子レベル・生殖機能などに長期的な悪影響を及ぼす可能性が大です。

(新型コロナワクチンは治験期間中であり、世界中の人々を使った人体実験が行われている状態。)

 

●参照記事:「ワクチンが人の遺伝子に影響を与えている可能性が非常に高くなりました!」

https://www.facebook.com/shinjiro.homma/posts/3221482964843367

 

●参照文献:「Intracellular Reverse Transcription of Pfizer BioNTech COVID-19 mRNA Vaccine BNT162b2 In Vitro in Human Liver Cell Line(ヒト肝細胞株におけるinvitroでのファイザーBioNTechCOVID-19mRNAワクチンBNT162b2の細胞内逆転写)」

https://www.mdpi.com/1467-3045/44/3/73/htm?fbclid=IwAR1Nr1lFJf8pSZXvTF9qRWXyV0azpMRx3_9H1yXuhRVyM7SipgaAn2lh70A

 

 

何より、メディアを通じて政府や専門家と称する者たちがワクチンの複数回接種を勧めていますが、これほど危険なことはありません。

新型コロナワクチン接種を複数回行うほど、免疫抑制が生じやすくなり、かえって感染症や病気にかかりやすくなるからです。

例えば、AIDSによって免疫不全になった人が、本来なら何ら問題ないはずの菌やウイルスにまで抵抗できなくなり罹患してしまうように、ワクチン接種を繰り返すと「ワクチンで作った効かない抗体」が本来の免疫機能を阻害し、かえって重症化したり病気に掛かりやすくなっていきます(ADE)

ブースター接種の回数が増えるほど、免疫は抑制されてしまうことが世界の有識者から報告されています。

 

 

■mRNAワクチン開発者のロバート・マローン博士は、ワクチンによるADEを次のように語っている。

――抗体依存性感染増強(ADE)とは?

簡単に言うと、ワクチンを接種することでワクチンを接種しない場合よりも、ウイルスの感染力が強くなるということ。

感染していない時よりも高いレベルでウイルスが複製されることになる。

他のコロナウイルスワクチン開発プログラムでも、ほぼ同様のことが起きている。

これは、歴史上知られ、確実に人間に起こっている。

それは私の様なワクチン学者が、最初から抗体依存性感染増強のリスクであると警告してきた――。

 

 

■内海聡医師は、SNS上で次のように述べている。

――ワクチンによって即座に大量の人が死ぬことはないだろう。

技術的には可能だが、そんな状況になればワクチン接種を嫌がる人が増え、予防接種の継続が困難になってしまう。

ワクチンの作用(註:毒作用)は、ある程度の割合の人に対しては即効であるが、大半の人にはしばらく時間をかけて効果(註:悪影響)が現れるであろう。

時間を置いて作用するため、原因がワクチンであることを突き止めにくくなるだろう。

我々にわかることは、ずっと昔に人々の健康のことなど全く関心のない人間によって計画された大量ワクチン接種が、実行に移されつつあるのを目の当たりにしているということだけだ。

確かなのは、人間の免疫システムをターゲットにしていることだ。

免疫システムさえ停止させてしまえば、すべては終わる。

免疫を破壊するエイズに感染したらどうなるのか、ご存知の通りである。

エイズで直接死ぬことはないが、通常は免疫システムが対処してくれている病気に対抗できなくなって死ぬのである。

アメリカの研究者であり作家であるパトリック・ジョーダン(Patrick Jordan)のような人々の優れた業績のおかげで、工作されたウィルスとワクチンによって、大量の数の人間を殺す計画が展開されていることが明らかになった。

ジョーダンによれば、人間の免疫システムを停止させるワクチンが長い期間をかけて完成されたという。

アメリカの軍隊は何度もモルモットとして使用されたそうである。

ジョーダンの調査によれば、「彼ら」は3段階ワクチンを開発したことが明らかになった。

第一段階の接種では、白血球(免疫システム)を不能にする

第二段階で、ウィルスを注入する

そして第三段階で、再び免疫システムのスイッチを入れる

途中段階でウィルスは全身に拡散するが、病気になった感覚はない。

免疫システムが機能していないために病気を感じないのだ。

免疫システムのスイッチが再び入ったとき、免疫システムは混合ウィルスに対して総攻撃を開始し、身体を死に至らしめるという仕組みだ――。

 

 

※最近、「サル痘」の感染危機を煽るような報道がなされていますが、これも本来極度に恐れるようなものではなく、新型コロナと同じ手口の偽パンデミックに過ぎません。(要は、恐怖を煽りワクチン接種を促したい。)

今、「サル痘」流行と報道されているもののほとんどは、新型コロナワクチン後遺症の可能性が大です。(ワクチン後の「帯状疱疹」「水泡性皮膚炎」「疱瘡状疾患」ら皮膚症状が増加中。ファイザー公表の「1291種」副作用リストにも記載あり。)

 

●参考資料:「ファイザー社が公開した新型コロナワクチンの有害事象(AESI)の日本語訳対訳 PDFファイル」

 

仮に、本当にサル痘が流行ることがあったとしても、サル痘自体は、数週間でほとんどの方が治癒するくらいのもの。なのにワクチンが必要と早くからマスコミは刷り込む。

 

 

しかし、「天然痘ワクチンが有効だ」となぜかこの段階で提唱され、接種の準備が着々と進められていることは、ワクチン由来の大変危険な状況を世界中にもたらすと予想されます。

コロナワクチン接種により免疫抑制が起きてしまった方が、天然痘ワクチンを打つことで、爆発的に天然痘(あるいはよく似た感染症)に罹患する方が増えたり、抗体依存性感染増強(ADE)による大量死者が出る可能性が高いからです。

これは世界各地の学者や医師たちも警鐘を鳴らしているメカニズムで、実際に起こり得るものです。

 

しかし、メディアや政府は、このワクチンによる危険な感染症爆発を、

「サル痘感染が爆発した」

「新種の危険なサル痘だ」

「サル痘の変異種だ」

「皆がワクチンを打たないから騒ぎが収まらない!」

と騒ぎ立て、ますます多くの人にワクチンをうたそうとするはず。

 

騒ぐのは新型コロナと同様の手口。

しかし、次のサル痘騒ぎは、実態が「弱毒型の新型コロナ」と違い、「本当に危ない天然痘」がワクチン由来で生じる可能性が高く、新型コロナワクチンを打たない人にも危機が訪れます。

 

 

●参照記事:「サル痘流行報道の実態は新型コロナワクチン後遺症!?『コロナワクチン+天然痘ワクチン』が大量死者を生む可能性大!」

 

 

脳梗塞、心筋梗塞、血栓、ADE(抗体依存性感染増強)、ギラン・バレー症候群、失明、流産、子宮内膜ガンなど様々な被害事例が新型コロナワクチン接種によって増えています。

 

2021年9月、ある科学者が政府に対して、情報公開法に基づき、ファイザー社製ワクチンを認可する際に参照したデータを公開するよう訴訟を起こしましたが、これに対する政府の返答は驚くべきもの。
「55年後、2076年に全記録を公開します」
無論、原告は反発。
「遅くとも2022年3月にはすべての資料を公開すべきだ」

双方の激しい応酬の末、結果、原告の訴えが認められ、FDAは毎月55000ページのデータを2022年8月末まで順次公開することに。

その第一弾のデータが、最近ついに公開されましたが、「1291種類」もの重篤副作用の数々が並んでいました・・・。(しかも、この驚愕の数字すら一部に過ぎない。)

 

●参考記事:「 新型コロナワクチン後遺症 ファイザーが公開した1291種類の副作用」

●参考資料:「ファイザー社が公開した新型コロナワクチンの有害事象(AESI)の日本語訳対訳 PDFファイル」

 

 

 

※厚労省が発表しているワクチン接種後の死亡者数・被害事例は、氷山の一角であり、実態は数十倍であろうと言われています。

 

●参照記事:「新型コロナワクチン接種による国内の死者数は、報告数の23~38倍、累計1.7~2.9万人!?

 

日本における新型コロナワクチン接種後の死亡は、全て「因果関係不明」で処理されており、お金も支払われず救済されていません。泣き寝入りです。(ようやく最近になって一人、90代女性の死亡一時金の請求が認められたようだが、多くは蓋をしたまま。)

 

 

また、すでに新型コロナワクチン接種をされた方については、接種後の一定期間のうちは施術をお断りすることもあります。

(スパイクタンパク質など有害な何かが接種者の体から排出され、周囲の人に月経不順・頭痛・喉の痛み・下痢などの健康被害を与えている可能性があり、実際に世界各地で報告が上がっている。)

 

このワクチンによる「シェディング(排出)」現象は、ファイザー社や厚労省の書類でも触れられている事実です。

 

【ファイザー社の文書にもシェディングは記載されている】

「ファイザーの遺伝子ワクチンの接種者には近づかないように」という内容が、ファイザーの臨床試験のプロトコールに記載(67~68ページ目)されています。

 

●参考資料:『C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020_Pfizer_BioNTech.pdf』

https://media.tghn.org/medialibrary/2020/11/C4591001_Clinical_Protocol_Nov2020_Pfizer_BioNTech.pdf?fbclid=IwAR3wo0bLmxeRpb-_tKdVnnEvjCTT3gbymYtQa8_zcR4AK8Y5dlU3N40yQg4

 

【厚生労働省は、遺伝子ワクチンでシェディングが起こる可能性を認識している】

「ワクチンシェディング」の存在については、厚生労働省も以前から周知の事であり、少なくとも平成27年の時点でシェディングに関する書類を各都道府県宛に送っていることが分かっている。

 

●参考資料:『ICH 見解「ウイルスとベクターの排出に関する基本的な考え方」について 各都道府県衛生主管部(局)薬務主管課 御中 厚生労働省医薬食品局審査管理課 厚生労働省医薬食品局 医療機器・再生医療等製品担当参事官室 事務連絡 平成27年6月23日』

http://www.nihs.go.jp/mtgt/section-1/ich/20150623-ICH-kenkai-virus.pdf

 

 

シェディングは、通常のウイルス感染とは性質が異なるものと考えられ、例えるならば、

「有毒化学物質などの公害によるアレルギー反応、拒否反応、排泄反応」

のような概念が近しいイメージになるかと思います。

 

これまで自然界に存在しなかった全く新しいタイプの毒性物質(スパイクタンパク、酸化グラフェンなど)であるため、体も緊急的に排除すべく下痢や湿疹などのイレギュラーな反応として対処するわけで、「体が元気な方の場合、毒を排除するまで排泄反応を激しく行ってしまう」というケースもあるようです。(その場合、解毒・排毒が長引くとしんどい状況も長引く事もある様子。)

 

シェディングの症状は様々。

頭痛・喉の痛み・嘔吐・アザ・月経異常・月経過多・無月経・不正出血・鼻血・流産・下痢・風邪の様な症状(咳、鼻水、発熱、筋肉痛、寒気)・息苦しさ・目の痛み・瞼内側の出来物・腹痛・点状出血班・子宮や卵巣の痛み・皮膚症状・倦怠感・・・など。

 

注目すべきは、風邪の様な症状(咳、鼻水、発熱、筋肉痛、寒気)であり、要するにシェディングなのに「コロナでは?」とPCRをされ、偽陽性が出るとコロナ感染扱いされるケースが多々あるということです。

 

ワクチンを打った人はもちろんの事、ワクチンを打たない人にまで健康被害を与えるのが、新型コロナワクチンの実態なのです。

 

 

「しかし、ワクチンがだめなら、どうやってウイルス感染を防げばいいのか?」

と、思われる方もいるでしょう。

 

もし、本当の意味で感染症を予防したいのならば、自身の免疫を高めておくことがカギであり、それ以外に方法はありません。

ワクチン・薬(アビガン、レムデシビル、イベルメクチンなど)・解熱鎮痛剤では、感染症の予防や重症化防止はできません。

かえって長期化したり悪化するリスクが生じます。

 

 

心身の疲れを取る、健全な水や食べ物、適度な運動や呼吸、添加物や毒素を体内に入れない・・・などの日常が大切であり、これにサポートとして体を整えるセラピーを加えることくらいでしょう。(詳しくは、拙著を参照)

 

ただ、繰り返しますが、新型コロナウイルスは脅威でもなんでもなく、例年の風邪程度のレベルでしかなく(せいぜいインフルエンザと同等かそれ以下のリスク)、過度に神経質になる必要もないと考えています。

「コロナが怖いから免疫をしっかり強化しないと」

と過度に恐れる必要すらなく、これまで通り普通に暮らせばよいだけです。

 

ワクチンやクスリなどの医療処置、過剰なマスクや消毒をするほど、かえって健康被害が増え、混乱はこじれていくでしょう。

 

 

●参照記事:「風邪のうまい治し方(内海聡医師SNSより)」

――昔から、風邪や感冒や胃腸炎になった時はいろいろな方法がありました。
しかし最近の大人は、こんなことも知らないで病院に行くのでお話になりませんね。
風邪薬や対症療法薬がダメという話は、この記事ではもうしないで、そちらは調べてもらうとして具体的になってしまった時、どうするかを考えてみましょう。

また症状についても認識を改めることが必要で、発熱、吐き気、下痢、じんましん、頭痛など、治すために出ているモノであり「消してはいけないもの」だと考えられなければ、方法論を考えても意味ありません。

一言で表現するなら「食うな、動くな、寝てろ」になるのですが、これだと不安に思う人もいるようですね。
不安=学んでないだけなのでクレクレといえばそれまでですが、もう少し詳しく書いてみます。

まずこのような感染症になった時、重要なのは食べないことです。動物もそうしますが食べることは体に負担にもなります。食べていない時に体は免疫を高め酵素を活用し治そうとします。病院で胃腸炎の時に絶食にするのも理屈は同じです。

ただしここで重要なのは水とミネラルはしっかり摂ることを勧めたいということです。
老人でも子どもでもそうですが、感染症の時に困るのは脱水とミネラル不足、それに続発する意識障害などです。

よってしっかり温まりながら水とミネラル(具体的には天然塩)をとって様子を見るのが一番良い

解熱薬は体温が42度に達するまでは使う必要はありません。

咳止めや吐き気止めや下痢止めはもちろん悪くなったり治癒期間が延長するので、吐くときは吐く、下痢はしっかり出して、その分の水分やミネラルを補充するのが重要です。

この治癒期間を短くしたいときは自然療法、栄養療法、ホメオパシー、漢方などをうまく使えばよいでしょう。どれがいいとか言えるものではありませんが、スギナ茶、ビタミンC、レメディ、漢方などどれも治癒力を助けるものです。

これが治すのではないということがポイントであり、治療家でも代替療法をやればよいなどという人は皆嘘つきなので注意しましょう。

お風呂については私は勧めませんので、汗をかいてもしっかり汗を出し切り汚いとか考えないのも重要です。
回復期になると食欲が出てきますから、直接糖を避け、揚げ物や植物油を避け野菜を避けてください。

野菜が意外と思う人がいるかもしれませんが、もともと野菜が消化に悪いのは常識的なことです。淡泊な肉のおかゆや魚などのおかゆでミネラルは多めにして、場合によっては生薬やハーブを入れるのもいいでしょう。

回復期をすぎたら雑食で偏った食事をせず栄養豊富なものを食べてください。また、こういう感染症になるのがいいことだという嘘を言っている人がいますけど、本来は感染症にならないのがいいのであり、なっている段階で身体に悪いことと日々の食事が間違っていることを自覚してください。

最後にどのタイミングで西洋医学を使うのかをご紹介します。

一番は意識障害がみられるときでこれは脱水の危険があります。

また長引いて痰などが変調し呼吸障害が出てきたときは、当然肺炎などの可能性があるので病院に行っていいでしょう。

あとは吐下血などがある時ももちろん病院に行っていいですし、急に途中で腹痛が強くなったり、便などが逆に出なくなっているとき(腸閉塞など別の要因の可能性がある)も病院を利用するのは構いません。

西洋医学の利点は救急であり重症時の対症療法であることを忘れないようにしましょう――。

 

※註)医学的な研究で、42℃の熱が境界線とされ、42℃を越さない限り、脳に障害は起こらないと言われている。(参照記事

ただ熱が高いから危険というわけではなく、子供の場合、間脳の体温調節中枢機能は弱いながらも41℃を越えると防禦のために「下げよう」と脳から指令が出るのだが、42℃を越えてしまう状態は体温調節機構がすでに働かなくなっていることを指す。

その場合、脳に何かしらの異常がある・脳腫瘍・打撲後の頭血腫・脳炎などの問題を疑ったほうがよい。

 

 

 

メディアは、コロナワクチン被害増加には触れず、覆い隠すように「コロナ後遺症」の恐怖を煽り、子供への接種を促す流れをこしらえています。

しかし、この「コロナ後遺症」の実態は、コロナワクチン由来をはじめとする「医原病」によるものだらけです

 

例えば、この記事。

●参照記事:「『全然理解されない』『なんで俺だけ』親も気づきにくい子どもの“コロナ後遺症”」

辛い状態になったお子さんは、本当にお気の毒だと思いますが、記事で「コロナ後遺症」とみなされて展開されている状態の実態は、コロナワクチン接種の副作用など別の原因にあることを見抜く必要があります。

 

コロナワクチン副作用やシェディング被害の症状(発熱・倦怠感・腹痛・頭痛・咳・下痢など)は、コロナ感染の症状とよく似たものが多々あり、偽陽性だらけのPCRによって陽性が出れば全て「コロナ感染」のせいにすることができるからです。

 

 

【コロナ後遺症の実態】

①コロナワクチン副作用

②シェディング被害

③コロナ治療薬・医療処置の害

④他の薬害・病などをPCRによりコロナ扱い

 

要は、当時者が認識していない「医原病」由来なのですが、コロナのせいにされているわけです。

ワクチンを打たせた親や医師らの「罪の隠れ蓑」にもなっています。

 

現に、記事で紹介された例の中には次のような方がいます。

「野球が大好きだという埼玉県の14歳の男子中学生は、ワクチンは2回接種済みでしたが、2月上旬にコロナに感染しました。症状は軽症でした。しかし、その後、喘息のような咳、微熱、頭痛、腹痛と倦怠感など複数の症状に襲われます。そして現在まで、半年ほど“コロナ後遺症”に悩まされているといいます」

 

・・・つまり、コロナワクチン2回接種済みにも関わらずコロナ感染し(効果がない)、その後、様々な症状に襲われるのは、単にワクチンにより免疫抑制や体内浄化環境が悪くなり、感染症や病気になりやすくなっているということ。そして毒性により症状がずっと続く状態

これは「コロナワクチン後遺症」と位置付けられるべきものだが、医者も家族もメディアも「コロナウイルスのせいだ」と片付け、自らの罪を隠蔽しているのだ。(たいていは自らに罪があることすら気付いてもいないが・・・。)

 

他のワクチン接種の記述ない例も、同時期に周囲のワクチン接種者からシェディングを受けた可能性も高く、あるいは症状が出た際に治療薬などを処方されそれによる害が生じた可能性もあります。

 

例えば、コロナ後遺症の一つとして「味覚異常」が生じると言われていますが、「アビガン」の副作用にもそれが入っています。

 

<副作用>

血中尿酸増加 、 下痢 、 好中球数減少 、 過敏症 、 発疹 、 湿疹 、 そう痒症 、 AST増加 、 ALT増加 、 γ−GTP増加 、 血中Al−P増加、異常行動 、 ショック 、 アナフィラキシー 、 肺炎 、 劇症肝炎 、 肝機能障害 、 黄疸 、 中毒性表皮壊死融解症 、 Toxic Epidermal Necrolysis 、 TEN 、 皮膚粘膜眼症候群 、 Stevens−Johnson症候群 、 急性腎障害 、 白血球減少 、 好中球減少 、 血小板減少 、 精神神経症状 、 意識障害 、 譫妄 、 幻覚 、 妄想 、 痙攣 、 出血性大腸炎、血中ビリルビン増加 、 悪心 、 嘔吐 、 腹痛 、 腹部不快感 、 十二指腸潰瘍 、 血便排泄 、 胃炎 、 白血球数減少 、 白血球数増加 、 網状赤血球数減少 、 単球数増加 、 代謝異常 、 血中トリグリセリド増加 、 尿中ブドウ糖陽性 、 血中カリウム減少 、 喘息 口腔咽頭痛 、 鼻炎 、 鼻咽頭炎 、 血中CK増加 、 血中CPK増加 、 尿中血陽性 、 扁桃腺ポリープ 、 色素沈着 、 味覚異常 、 挫傷 、 霧視 、 眼痛 、 回転性眩暈 、 上室性期外収縮

 

その他、コロナ後遺症の症状としてよく出てくる腹痛・喘息・肺炎・咽頭痛などに加え、重篤な副作用が並びます。

 

インフルエンザの場合も、治療薬のタミフルや解熱剤を用いることで、かえって重症化したり、インフルエンザ脳症に陥ったりすることがあります。

長引く事はあっても、早期回復したりすることはありません。(医者は薬を飲んだほうが重症化防げるとか早く治るとか言うが、ウソです。)

コロナ治療薬もまた同様。

 

 

 

 

※従来の感染症(帯状疱疹など)の中にも後遺症が出る方がいたようですが、今回の「コロナ後遺症」とされているものはそれとも異なる重度なものがあちこちで出ているようです。なぜなら、コロナ感染由来ではなくワクチンなどの医原病によるものが正体だから

弱毒型のコロナウイルス感染によって重度の後遺症が出ることはまずないというのが基本軸であり、もし何らかの重度な症状に陥る場合は「医原病」由来を疑うべきでしょう。

 

 

百歩譲って、仮に「本当の意味」でコロナ感染による後遺症(味覚異常など)が発生するとしても、ワクチンを打つことの根拠にはなりません。

 

なぜなら、効果が無いコロナワクチンをどれだけ打とうが感染も重症化も防げないからです。ワクチンによる後遺症になることはあっても、コロナ感染による後遺症をワクチンが防ぐことなどできないのです。

すべては幻想にすぎません。

むしろ、薬害による後遺症のリスクを格段に高くするだけです。

だから、「後遺症が心配ならワクチンを打っておくべき」などという御用学者やメディアの煽りは嘘の塊であり、ワクチンは有害無益で打つ意味はありません。かえって、ワクチン後遺症やシェディング被害を増やすだけです。

 

従来の感染症でも、発熱時に味が変わるなど生じることはありました。それらは感染症の治癒と共に元に戻ることがスタンダードであり、こういう以前からもある症状すらもコロナの脅威を煽る種とされています。今、本当の意味で感染症に罹ったとして、クスリの影響も無しに味覚異常が起こることもあるでしょう。しかし、余計な医療処置をしなければそれは一時的なものに過ぎません。仮に、長期間いつまでも味覚異常が続くようなら、クスリやシェディングなどの「人為的医原病」が絡んだ時だといえます。)

 

実際、シェディングによる被害は、体力があり元気な人ほど、しんどい症状に陥るケースがあるようです。

 

 

※当院では、「体内浄化環境論」というものを以前から提唱してきました。

 

ストレス・飲食の乱れ・運動不足・人工毒(化学調味料、経皮毒、クスリ、ワクチンなど)・マスクの弊害(呼吸抑制、細菌培養、横隔膜や内臓機能への影響)など様々な理由により、体内に老廃物や毒素が溜まると、体はどうにかして全身にめぐらさないよう処理をしようとします。

 

内臓機能低下が著しかったり、毒素がキャパシティーを超えているなど通常処理では間に合わないと、イレギュラーな反応を以て体は浄化を進めようとするのです。

 

・炎症:老廃物を菌やウイルスの力を借りて燃やす

・下痢:下して排泄

・咳・痰:呼吸器から排泄

・湿疹:皮膚に出口を作り排泄

・出血:血管外に漏らし排泄

・ガン:体内の一部を犠牲にしフィルターを作って毒を溜める浄化装置

 

そう考えれば、アトピーや喘息に対しステロイドで蓋をする事は、体内浄化処理を滞らせるばかりか、体内の毒素をさらに増やしてしまう行為といえます。

 

風邪やインフルなどをひいた場合、喉の炎症・発熱・食欲不振・倦怠感・咳・下痢・嘔吐などが起こるのは、全て体内浄化のためのやむなき処置なのです。

体内浄化のための反応が終われば、症状は引いていきます。

 

汚い水の中に菌を入れると菌が餌を食べて水が浄化されます。逆に、きれいな水の中に菌を入れても何も起こりません。分解すべき餌がないからです。

 

それと同じく、体内環境が老廃物だらけだと菌やウイルスは餌を分解し炎症という形で激しく燃やします。結果、浄化が進みます。体内環境が綺麗だと、菌やウイルスは材料がないので何もやりません。

 

菌やウイルスが体内に侵入し増殖して感染症を引き起こすのは、体内に餌がたくさんある場合であり、炎症などの反応を起こし老廃物を燃やすからです。

(餌がたくさんあるのは、内臓機能が低下し処理能力が損なわれていたり、暴飲暴食が過ぎたり、薬害による毒素を溜めていたりと様々な理由が折り重なった結果です。こうした環境下では同時に免疫機能も低下しているため、菌やウイルスの侵入は容易になります。逆に言えば、浄化のために侵入しやすくしているとも見ることが出来ます。エボラなどウイルスが強力な場合は、ある程度の浄化環境レベルでも炎症を起こすことがありますが、それは浄化と共にウイルスを殺すためでもあります。仮に、本当の意味で完璧な体内浄化環境である場合、どれほど強力なウイルスや菌が入ってきたところで、大した症状は起こりません。せいぜい、ウイルスを排出するため下痢などが生じる程度でしょう。)

 

菌の働きによりやがて餌がなくなると炎症は収まります。

それは同時に、発熱の結果、菌をやっつけたという側面も持ちます。

つまり、人間と菌やウイルスは共存関係にあり、自然の摂理の一環なのです。

シェディングが厄介なのは、自然の摂理とかけ離れた人工毒が体内に侵入するからです。この場合、人体に有毒かつ未知の毒素を排出すべく、体はただちに強制排出のための反応を起こします。おそらくはしつこい毒素なので、体が元気である人ほど深追いし過ぎる形になり、長い時間辛い症状がでることがあると思われます。逆に、体力がない方の方が深追いするほどのエネルギーがないため、症状も比較的短く浅い場合があるのではないでしょうか。ただ、その際は、深追いしないため毒素が体内に未処理で残ってしまう可能性があります。それが別のタイミングで何らかの症状が起こる種になることも考えられます。)

 

症状というものは全て、「体の治癒や浄化のため」に、「環境を変えてほしいと知らせるため」に起こしているやむなき反応なのです。

 

しかし、医者や大人は症状を悪とみなし、症状を抑えるために解熱剤や下痢止めや咳止めを子供に飲ませます。

すると、かえって長引いたり重症化する事さえあります。別の症状を引き起こすこともあり、それが新たなクスリを処方される種になります

 

 

2022年の8月現在、真夏にも関わらず、世間ではコロナ感染が拡大していると騒いでいますが、根本的な理由をきちんと整理すべきでしょう。

 

  • 新型コロナワクチン接種による免疫抑制⇒感染症や病に罹患しやすくなる
  • コロナワクチン接種者からのシェディングにより、風邪の様な症状が周囲に起こる(毒素を浄化処理するためのイレギュラーな反応)
  • 長期間のマスク着用、運動不足、PCスマホの増加、飲食乱れなどで免疫低下・体内浄化環境が乱れ、イレギュラーな形で老廃物や毒素を処理する必要⇒炎症(発熱・喉の痛み)、下痢、倦怠感などが生じる=風邪の様な症状によって浄化
  • 例年のプール病、ヘルパンギーナ、クーラーや冷たい物を摂り過ぎて夏風邪をひく、などが、PCRによりコロナ扱い
  • PCR検査数を増やすことで、単なる風邪や無症状の人さえコロナ感染カウントされ、ますますクスリやマスクやワクチンの害が広がる餌となっている

 

・・・など、いろんなパターンが考えられますが、体内浄化のために風邪のような症状を起こしていることに変わりはありません。

例えば、プールに行ったあと、発熱・喉痛み・頭痛・関節痛・倦怠感などが生じた場合、「コロナに罹った」と考える人もいるでしょうが、実際は、

「普段のマスク生活・飲食の乱れ・寝不足・スマホやゲームのし過ぎなどにより(さらにはプールでワクチン接種者から有毒物質をいくらか伝播されたことも加わるかも)、内臓機能が低下し体内浄化環境が乱れていたため、体が何らかの浄化を進める必要を感じていた。そこで、菌やウイルスを用いて燃やすことで浄化を図ろうとし、結果、風邪症状が出た」

「コロナワクチン接種者が免疫抑制により感染症(コロナに限らず)に罹り易くなり、感染源が増えた状態下で、日常生活の乱れや疲労蓄積などの要因で免疫が落ちた人は風邪みたいなものに罹患しやすくなる」

などと、いう流れだったりします。(結果、発熱や下痢などの処理を通じて菌やウイルスをやっつけたり排泄したりします。)

 

この場合、コロナどうこうというよりも、そこらへんの菌やウイルス(今までならコロナはその一つにカウントされていたのですが、アホ騒ぎによりヤバいものとして扱われるようになっただけ)を利用して炎症などが起こっているだけのこと。従来からある体内浄化のための反応です。(シェディングというややこしいものが加わると症状もきつくなることも。)

 

しかし、今はすぐにPCRをして、陽性が出れば(偽陽性でも)コロナ感染カウントされ、ややこしい処置をされます。へんな治療薬を用いられたり、「ワクチンを複数回うてば重症化しない」などと言われ後日また打ったり・・・。

 

コロナウイルスは弱毒型であり(インフルと同等かそれ以下)、体を整えておけば、老廃物をたくさん燃やす必要がないため、発症しにくくなります。

(強毒のエボラなどは、人間の体調状態を超えて発症することもあるでしょうが、コロナはあくまで風邪の一つに過ぎないため、症状が出ようが、しばらく寝れば回復するもの。)

 

それを防ごうとしてワクチンやクスリをバンバン導入するから、ややこしい世の中になっているのです。

 

現に、ワクチン由来の症状やシェディング被害は、通常の老廃物とは異なる強い毒性があり、発熱やのどの痛みがしんどいこともあるようです。

 

もし、例年通りの生活を続けていれば、夏に体調を崩すような人はもっと少なかったはずで、今の大騒ぎは、メディアのあおりやPCR偽陽性などを含め、「人為的医療処置・感染対策処置による人間の弱体化と有害リスク増加」が原因になっています。

ワクチン・クスリ・マスク・自粛などのコロナ対策の全てが、体内浄化環境を乱し、免疫を損ね、感染症リスクを高めている要因となっているのです。

 

 

当院の方針に納得いただけない方は、別の院にご相談ください。

 

 

当院の新型コロナについての見解については、以下の動画、拙著『新型コロナワクチンの嘘』『新型コロナワクチンは打ってはいけない!』『新型コロナパンデミックの謎』をご参照ください。

 

Amazon Kindleより新型コロナ本が出版中!

本当に根本改善したい方だけご来院ください

当院は完全予約制で、「本当に症状を根本改善したい」と心から願っている方のみを対象として施術を行っています。

次のような方は当院の方針に合わないため、来院をご遠慮ください。

 

  • 慰安目的
  • 「腰に鍼してほしい」などと自身の思い通りにしようとする
  • こちらのアドバイスをきちんと受け止めない
  • 目先の痛みがマシになれば来なくなる
  • 継続治療を嫌がり、全てを1回で治せると思っている
  • 遅刻やキャンセルの頻度が甚だしい

 

料金

初診:10,000円(税込)

(施術料6,000円 + 初見料4,000円)

 

再診:  6,000円(税込)

HP限定割引 初回通常10000円が7000円 1日2名様限定

電話予約

 

■住所:大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9

アクセス地図

■最寄駅:近鉄南大阪線「恵我ノ荘駅」から徒歩5分

■営業時間:9:00~20:00(祝休)

■駐車場:1台あり(無料)

 

LINE予約

ネット予約

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9