うんちが出ない赤ちゃん 1回の打鍼で解決 羽曳野市 0歳 女性

生後7か月の赤ちゃん。

離乳食を始めたころから便が出にくくなる。

何度か便が出にくいことがあったが、1週間近く便が出ない状態のため、当院で処置することに。

 

<検査>
内臓反応、腹部緊張

 

 

<施術>

腹部に打鍼(刺さない鍼。木槌で先端の丸い鍼をコンコンする)を軽く行う。

 

<効果>

その晩、「うんち出ました。ありがとうございます」と連絡があった。

 

<解説>

赤ちゃんの場合、個人差はあるが、離乳食など様々なタイミングで便が出にくくなることがある。

1週間くらいでない子もいるらしいが、今回のケースでは皮膚状態に問題(体内浄化が悪い)あるため、便はなるべく出たほうがよいという話に。

 

打鍼は、本当に軽くコンコンとするだけ。

これで赤ちゃんには十分。

結果、その日のうちに便が出た。

 

 

 

便秘について詳しくはこちら

便秘

逍遥堂

〒583-0886大阪府羽曳野市恵我之荘2-8-9