逍遥堂メソッド 早見表

「逍遥堂メソッド」

 

大阪府羽曳野市の逍遥堂では、

  • 効果が高い
  • 体に負担をかけない
  • 根本改善に結びつく

という理念を表現すべく、患者様の状態に合わせたオーダーメイドの施術プランをご提案しています。

 

当院でご提供する「問診・検査・カウンセリング・施術・セルフケア」の一連の治療体系を、「逍遥堂メソッド」と呼んでおり、他にない唯一無二のものです。

 

患者様が最短距離で改善に向かうサポートをすべく、手技や鍼灸を組み合わせ、養生指導も含めオーダーメイドできる根本改善のための治療体系です。

 

 

「逍遥堂メソッド」の中核となる治療技術は、大別して以下の4つに分けられます。

 

 

無形

(気血)

「上善如水」 螺旋状の速いエネルギー 神経伝達・血流

脳幹・脊髄神経・内臓・遠隔治療

伏衝脈、奇経、行気・破気
「無為自然」 ゆっくりなエネルギー 感情

トラウマ・思考法・潜在意識・脳の統合

営気、臓腑経絡、病邪、心神、神主学説、疏肝理気
「明鏡止水」 とても速いエネルギー 内臓・気血の巡り

浄化・空間・遠隔・外傷

衛気、臓腑経絡、病邪、補寫
有形

(構造)

「万物斉同」 微細な手技 筋・筋膜・骨格

歪み・内圧解放・動作再学習・協調運動・フラクタル・軸調整・外傷

臓腑経絡、経筋、空間論

 

これら4つの技術にはそれぞれの特長があり、一つもしくは複数を併用することで、最短距離での改善に近づけることが出来ます。

(それぞれの技術の中にも幾つかのテクニックがあるのですが、大別するとこれら4つに分類されます。)

 

なぜ4つも使用することがあるかと言えば、それは逍遥堂が難病治療を行う院だからです。

一つ一つの技術は、それだけで流派を作ることができるほど強力なラインナップとなっているのですが、たった一つのテクニックだけで全ての難病に対応しようとしてもカバーしきれない部分が出てきてしまいます。

 

例えば、Aという技術がパニック障害を得意と出来ても、オスグッドに対しては別のBという技術を使う方が改善が早かったりします。Aを使用してもオスグッドを改善できるのですが、Bの方が確実で早く良くなるなら、Aだけにこだわる必要はないと私は考えます。また、それぞれの長所を併用する形で、Bをメインに使用しながら、Aで回復力の底上げを行うこともあります。

 

 

これら4つの技術をどう使い分けるかの判断は、主症状の根本原因が「無形」であるか「有形」であるかをまず判別することが重要となります。

 

●「無形」は、気・エネルギーレベルでの問題が中心。

⇒気血の巡り、神経伝達、感情、内臓機能のエネルギー低下

「上善如水」:速い螺旋エネルギーでの調整

「無為自然」:ゆっくりなエネルギーでの調整

「明鏡止水」:とても速いエネルギーでの調整

 

●「有形」は、構造レベルでの問題が中心。

⇒筋緊張、筋膜の癒着、歪み、深部内圧による圧迫、神経や血管の絞扼、器官の位置のずれ、筋骨格の連動、軸のブレ、外傷

「万物斉同」:微細な手技での調整

 

 

問診・検査によって、主訴を中心にどのような背景があって症状が生じたのか「病因病理」を明らかにし、「無形」と「有形」のいずれに根本問題があるのかを考えます。

 

そして、根本改善に必要な処置を、4つの技術から1つもしくは複数選択し使います。

 

もし、アトピー症状に悩む方が捻挫の痛みも併せ持っていたとしたら、その患者さんがいずれの症状を優先的に良くしたいかにより初回でのアプローチも変わります。

「アトピーも大変だが、まず大会が近いので捻挫を早急に治したい」というなら、捻挫の処置を優先的に集中して行い、それが改善してからアトピー治療に取り掛かります。

「とくに運動もしていないし捻挫は時間と共に落ち着くだろうから、今はまず眠れないほど痒いアトピーをどうにかしたい」というなら、アトピー治療を中心に据えます。

これが、例えば「胃下垂」と「膝痛」の両方をお持ちなら、原因が胃の機能低下にある場合、根本原因の胃を調整することで「胃下垂」と「膝痛」の両方を良くすることにも繋がります。

 

 

なお、注意したいのが、症状が生じる真の意味が、

  1. 治癒、浄化のための生理反応
  2. 今の状況を変えてほしいというシグナル

で、あることを忘れない事です。

 

例えば、オスグッドの痛みは「有形」レベルでの問題が中心であり、「万物斉同」によるオスグッド処置により1~5回で改善します。

これだけを見れば、確かに素晴らしいのですが、本当の問題は、

「なぜ、この人がオスグッドになったのか」

にあるはずです。

 

「スポーツをして筋疲労が溜まりオスグッドになった」と言うのが基本背景にあるのですが、さらに言えば、スマホを見過ぎて睡眠不足になっていたり、毎日コーラを飲んでいたり、肉食やインスタントばかり食べているため、内臓機能が低下し回復力が落ち、オスグッドになったのだとしたら、日常生活の改善をしなければ再びオスグッドや別の症状が生じるかもしれません。

もっと言えば、オスグッドの痛みの意味は、「損傷した患部を治癒するための炎症反応」が起きているのと同時に、「治癒のために休みなさい」「疲労がたまっているよ。生活改善を見直しなさい」というシグナルでもあります。

という事は、症状の本当の意味を読み取ろうともせず、ただ施術で痛みだけを取り去ってその他を放置しているのは、真の意味での解決とは言えないでしょう。

ですから、オスグッドの処置以外にも、内臓機能へのアプローチなどを併用したり、養生指導を行って真の改善へと向かわせる必要があります。

 

「逍遥堂メソッド」では、こうした原因背景までも明らかにし、患者さんと情報を共有し、施術のみならず養生指導など本当の意味での解決に導こうというスタンスです。

 

 

健康体とは、全身の気血(エネルギー・気・周波数・波動・振動+血流)が過不足なく滞りなくスムーズに巡っている状態であり、血流・リンパ・神経伝達・内臓機能など全ての生命活動に直結してきます。

全身の気血が過不足なく巡ることで、固くなった筋肉にも血流が行き渡り、緊張した筋肉に引っ張られて歪んでいた骨格も自然とあるべきポジションに戻ることが出来ます。機能低下し位置が下がってしまった内臓も気血が巡ることで本来の位置に収まるようになります。

 

必要であれば、微細な手技を併用し、筋緊張や筋膜のトラブルなどを解消していくことを行います。

 

逍遥堂